上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安静でベッドに横になっていても
カテーテルのせいで変な寝方をしていたからか
腰痛が出てしまって眠れず
日付が変わった頃には我慢ができなくなってきました。
看護師さんが部屋にきたときにお願いして
体を起してもらいカテーテルもはずしてもらいました。
シャッキリ立ちあがり歯磨きをして
パジャマの着替えを手伝ってもらいさっぱりしてまた眠りました。

翌朝、洗面を終えてベッドの脇の椅子に座っていると
サディスト看護師さんがやってきて
「昨日手術した人には見えないって聞いたけど ほんとだ」と
私の姿を見て笑い出しました・・・。
ええ、犬猫なみの回復力ですが・・・。

サディスト看護師さん
胸帯のつけ方を教えてくれ
家に帰ってからひとりで手術をした胸を見てショックを
受けるといけないからここで見てしまいましょうと付き合ってくれ
サディストだけど何かと話しかけてくれてありがたかったです。
手術した自分の胸を見て浮かんだのは「おかちめんこ」
やはりショックでした。

主治医の回診があり 
夜にまた質問など話をしました。

入院中テレビを見ていると山田邦子さんが出ていて
「一日も乳がんのことを考えない日がない」って話してらしたのですが
ほんとにそうだなと思います。
一瞬忘れることはあるけれど、一日も忘れる日はないし、考えない日はないものね。

手術から3日目の12月29日の朝 退院しました。
5泊6日の入院でした。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。