上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月29日の朝退院したその足でスーパーに向かい
おせち料理は作らないにしても
何にもお正月らしい食べ物がないのも寂しいだろうと
里芋や筍、干しシイタケやら、ごぼう等々お煮しめの材料や
かまぼこなどのちょっとしたものや
冷蔵庫が空っぽだろうからと食材などを購入して帰宅しました。

どれだけ家の中がちらかっているかと心配でしたが
朝、洗濯と掃除を夫がしてから病院へ迎えに来てくれたので
思いのほか片付いていました。

手術するまでは買い物をする意欲もわかなかったのですが
それを取り戻すかのように
翌日はショッピングへ行き細々したものを買いそろえました。
しかし、さすがに疲れてしまったのと
年末で人が多く、術側の左胸が人にあたったりしないようにかばったり
左腕がだるくなってしまったりで、早々に帰宅し休みました。

大晦日は料理をしたり、夜には紅白を観てお蕎麦を食べて
静かに年を越すことができました。
振りかえってみると2008年は前半は楽しいことばかりで
後半は怒涛の年でした。

例年だと元旦は旅行してるか
夫の実家、自分の実家をまわっていたのですが
2009年は自宅で自分ちのお正月をしました。

手術後の左胸の状態は
あざのような色と水が溜まってきたのか腫れがありました。
朝、ベッドから起き上がった直後が一番痛みがあり
ほんの一瞬ですが、うわーーーっと胸を押さえて痛みを堪え
いっぺんに目が覚めました。
しかし、日に日にその痛みもなくなり
今日できなかったことが次の日にはできたりと
人間の体ってすごいんだな~と感謝の気持ちでいっぱいでした。

術後初めての通院は退院後約一週間経ってからで
溜まった水でパンパンになったので(自分史上初の大きさ)
水抜きをしてもらいました。
太い注射で抜き取ってもらいましたが、そんなに!?と驚くくらいの量でした。
この日の病院代 水抜き210円 安すぎる。 

次の通院は手術の病理結果の出る日です。


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。