上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放射線照射の位置を決めるため
午前中から放射線の病院へ行きました。
どんなことをするのかという不安もさることながら
まず自分の運転でちゃんと病院へたどり着けるのかという不安も大きく(そこからか)
前日には通行する道路をグーグルマップで見て
有料道路の降り口を間違えないように確認したり
病院への曲がり角の信号の名称をチェックしたり
一応、ナビがついてるのに全く使いこなせていないため
アナログで翌日に備えました。

午前中に検査をして
お昼をはさんで午後から照射を行うための目印をつけるため
皮膚に黒く細いテープがいくつも貼られました。
治療中はこの黒い線を消さないように注意しなければなりません。
普通にシャワーを浴びても大丈夫でしたが擦らないようにしないといけませんでした。

週5日、5週間通ったのですが
治療時間はほんの数分で、待ち時間や会計なども含めても
病院滞在時間は毎日30分くらいでした。

時間帯のせいか私の順番の前後は大概おじさんばかりで
着替えて順番を待っていると
「はい、お待ちどうさん」
治療が終わったおじさんに声をかけられ
「お疲れ様です」と
毎日おじさんとちょっとした挨拶を交わしていました。

2月から3月の半ばすぎまでかかったのですが
何がたいへんだったかというと
花粉症の症状が出始め照射中は身動きをしてはいけないため
くしゃみがでたらどうしようとヒヤヒヤしていました。
マスクも2重にしていました。

皮膚の副作用は開始から4週間くらいは赤くなる程度で
さほど強く赤みがでないまま終わるのかと喜んでいましたが
最後の1週間で猛烈に赤黒くなり
ラスト2日くらいは痒いやら水ぶくれになるやら・・・。
何がいけなかったのか考えてみると
もしかしたら、湯船に胸までつかったのがいけなかったのかもしれません。
それまでは半身浴だったのですが
擦らなければ胸までつかっても大丈夫という話を聞いて
つかってしまいました。
きっとこれがいけなかったんだろうな。

その他の副作用はあまり感じませんでした。
倦怠感や眠くてしょうがないと聞いていたのですが
特に苦になるほどではありませんでした。

放射線治療が終わった日
なにがうれしかったって
お風呂で体を洗えたことです。
想像してみてください、5週間上半身の前面は洗えなかったわけです。
もうどんだけ汚れてるんだーーーーー。
皮膚の状態がよくなかったので、ガシガシ擦ることはできませんでしたが
それはそれはさっぱり泣く気持よかったーーーー!

放射線治療が終了してもうだいぶ経ちますが
いまだに皮膚の色はとれず、四角い枠のあとが残っています。
水ぶくれになったところはシミになってしまって
恐らくこのまま取れないかもしれません。
皮膚の色は1年くらいかかるということですが
四角い枠が早くとれて元通りになってほしいです。



コメント
さちさん、こんにちは~^^

私も放射線の時に、男性も居る事にちょっとビックリしてしまいました(笑)
考えてみたら、乳がんの人だけじゃないから 当たり前なんですけどね^^;

滞在時間は短いのに毎日・・・
振り返れば、頑張りましたよね 私たち(笑)

胸のちょっと残ってる違和感も、気が付けばなくなっているのかなぁ?

リンク、ありがとうございます^^
私もさせて下さいね~♪
2009/10/28(Wed) 15:08 | URL | マハロ | 【編集
マハロさん
こんにちは~

放射線治療って毎日だいたい同じ時間ですよね
そうすると、顔ぶれも同じで 
「ああ、おじさんもたいへんなんだな~~~」なんて心の中で思ったり。
でも、皆んな具合悪そうに全然見えないんですよね(笑)

がんばりましたよね~
最後の日はなんだか心地よい達成感すらありましたもの(笑)

私は手術の違和感っていうのかな カッチカチやで~~~な状態なんで
放射線では色と痒さかな。皮膚がパリパリしてる気もします。
いまも痒かったりするんです。
もしかしたらちゃんと洗ってないせいだったり・・・。
こればっかりは、時間が薬ですよね。

リンクありがとうございます♪
2009/10/28(Wed) 17:44 | URL | さち | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。