上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年11月上旬
乳管内乳頭腫の手術後、超音波検査は受けていましたが
マンモグラフィは初めてだったので術側は相当痛いのではないかと
憂鬱な気分で病院へ向かいました。

超音波検査とマンモグラフィのどちらを最初にしたか覚えていないのですが
超音波検査の際、術側右乳房ではなく
左の乳房を検査している最中
検査してくださる方の動きが急におかしくなり
いつもだったらすんなり終わるはずなのに
その日はずーーーっと同じ箇所にエコーのカメラをあてたまま
慌ただしく機械を操作して何枚も画像を撮影しているようでした。

「何かあるの!?」 
今まで左の胸に何か問題があるなんて考えてもみなかったので
一体どうしたんだろうという不安でいっぱいでした。

1週間後、結果を聞きに行くと
「特に問題はないんだけれど、1箇所だけ今までになかったものが写ってるんで針刺して調べましょう」と
担当医師から言われ5、6年前の恐怖が蘇りました。

針を刺しながら「サクッとした感覚」「硬いね」「水ではないね」と・・・・。
サクッとな・・・サクッっていったい・・・・。

「それはいけないのですか?」と質問すると
「今は何も言えない・・・」って 
先生 硬いとか言ってんじゃん(号泣)

その1週間後、細胞診でははっきりしないので
太い針を刺して組織を取って調べることになりました。
ここまでは乳管内乳頭腫のときに経験していたので
何をするか ということに対しては不安ではありませんでしたが
「今回は前回みたいなのとは違うようだね」や「どちらにしても手術だね」と
何となくいけない感じのワードが出されていたので
雰囲気的に察するものもあり
真っ暗でした。

今にしてみれば、画像を見た時点で
担当医師は黒と判断していたのかもしれません。
なので少しづつワードを出して
私に心がまえができるようにしていたのではないでしょうか。

左胸の今までになかった●があるという箇所を触ってみると
細胞診をした最初の頃は違うのではないか大丈夫でしょうと構えていましたが
組織診の後触ってみると硬くなっていたので
ああ、もしかしたらそうなのか
しかし、自分が乳がんにかかるなんてありえない
大丈夫でしょ? 自分に言い聞かせていました。


2008年11月下旬
組織診の結果で乳がんかそうでないかがハッキリするのと
今回は怖くて一人では結果を聞けそうにないので
夫に付き添ってもらいました。

夫は悪いことは考えないような人なので
この日も「大丈夫、大丈夫」と言っていました。
私はあきらめたり、でも半分信じたい、大丈夫でしょうと混乱したままでした。

病院はいつものように混んでいて
診察室に呼ばれるまではだいぶかかりました。
名前を呼ばれ診察室へ入り
いつものように挨拶をして 
心の中は恐怖でいっぱいでしたが平常心を装い担当医師の横に座りました。
このときはまだ大丈夫でしょうと希望を持っていました。

医師が何か短く言ったのですが、その後の展開がショックだったからなのか
何を言ったのかどうしても思い出せません。
ただちょっとイラっとしたのは覚えています(笑)

医師の横に座り 怖くて顔を見ることができず
ぼんやりと視界に医師の顔があるような状態でいると
「手術」と医師の口から言葉が発せられました。

「悪いのがでたの?」 取り乱したため思わずタメ口で問いかけてしまいました。
すると医師はコクリと頷かれました。

テレビドラマなどでそういった場面を見たことがありますが
わーなんて泣きだすわけでもなく、全然そんなのでなく、
ショックで椅子から転げ落ちそうだったと聞いたこともあるけれど
そういうのとも違って
コクリと頷いた医師を見た私の反応は
「嘘ーーーっっ」と空気が抜けるような声を発しただけでした。
人間ショックが大きいとヘンテコな反応をしてしまうのでしょうか。

ただ、まだよかったなと思うのは空気が抜けるような「嘘ーーっ」であって
「うっそーーーーっ!!」と
「う」と「そ」の間に小さな「っ」を入れて叫ばなかったことでしょうか。
コメント
同じような境遇の大阪在住30才独身OLです。
現在進行形でチェックを続けています。不安な気持ちかがとても共感できました。

その後,お元気にされていますか?
2012/03/01(Thu) 00:12 | URL | たか | 【編集
たかさんへ
こんにちは、コメントありがとうございます。

私は病気がみつかり治療を続けていますが、元気にしていますよ。

定期的にチェックするのは毎回ドキドキだと思いますが
大切な事ですのでこれからも続けてくださいね。
2012/03/01(Thu) 13:15 | URL | さち | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。